お知らせ‎ > ‎

平成30年度絵画大会入選作品


平成30年11月3日4日に開催した絵画大会の入選作品とともに審査員 尾島 守先生からの講評をご紹介いたします。
入選作品は博物館1F、惜しくも入選できなかった方々の作品は博物館2Fにて展示させていただいています。
力作ぞろいですので、ぜひご覧ください!!


展示期間 平成31年3月15日(金)まで


 

 特選 圓尾 優太 様

 
黒いクレヨンで大胆に勢いよく描かれた線が躍動感にあふれています。
そして、黒い輪郭の中の鮮やかな色が存在を しっかりと主張している作品です。
 


 幼児部門 入選 橘 聡汰 様

 
幼児らしく、クレヨンを大胆に使って、一気に描いた作品は、噴水の水の飛び跳ねる様子が力強く表現されています。
 

1、2年生部門 入選 伊川 紗羅 様

 
水の科学館全体が紅葉に囲まれた秋の雰囲気がやさしく表現された作品で、静かな空気が感じられます。
 


5,6年生部門 入選 田中 仁 様

 
画面の中にうまく収まった彫刻作品にあたる光と影が太陽の存在と時間を感じさせる作品となっています。
さすがに高学年の作品と感心しました。
 

中学部門 入選 山平 萌生 様

 

いろいろな物が前後に重なり奥行きの広がりが表現された、中学生らしい作品でケヤキの木の紅葉が大きな塊として立体的に描かれています。
 

成人部門 入選 梶原 ミツエ 様

 
成人の作品としては珍しく、クレヨンだけで描かれています。その効果で風景が、色鮮やかで明るく表現されています。写生場所もこれまでにない場所でステンドグラスが効果的に表現されました。


 

1,2年生部門 佳作 ヴェニア ルイ建都 様
 

1,2年生部門 佳作 上野 華央 様
 


3,4年生部門 佳作 小西 恵莉奈 様
 


5,6年生部門 佳作 前河内 結衣 様
 

成人部門 佳作 前河内 明日香 様